おすすめ商品

DUN FOLD(ダンフォルド)のレビュー|キャッシュレス時代の財布【使い方も紹介】

薄型財布DUN FOLD(ダンフォルド)レビュー
会社員
会社員
ミニマリスト向けの小さな財布が欲しいなぁ…
大学生
大学生
キャッシュレス時代にあった財布が欲しい!

こんな要望にお答えします。

 

どうもこんにちは。ミニマリストのたか(@taka_manatabi)です。

 

キャッシュレス化が急速に進み、それに合わせて財布も小さくなってきています。

そこで今回は、究極に薄くて小さい財布「DUN FOLD」を紹介します。

実際にミニマリストの僕が愛用している財布です。

こんな人にオススメ

  • ミニマリストの方
  • キャッシュレス決済がメインの方
  • 薄くて小さな財布を探している方
  • パンパンの財布とおさらばしたい方

ちなみに僕は極端なミニマリストというよりは「ほどほどミニマリスト」です。

僕のミニマリストの考え方はこちらで。

【ミニマリスト】まずはほどよく始めてみませんか?【捨てすぎ注意】

ほどほどミニマリストの始め方
【ミニマリスト】まずはほどよく始めてみませんか?【捨てすぎ注意】 こんな疑問や悩みを解消します。 どうもこんにちは。ほどほどミニマリストのたか(@taka_manatabi...

DUN FOLD(ダンフォルド)とは?

DUN FOLD」は、DUN WALLETSというオランダのブランドの財布です。

DUN WALLETSのデザイナー自身もミニマリストで、「世界一薄い究極のミニマリスト財布」をテーマに作られています。

今まで小さい財布だと思っていたものが、全く小さく感じられないほどの薄さです。

ですが収納力は抜群で、まさにキャッシュレス時代にあった財布だといえます。

詳しくは公式ページをご覧ください。

 

DUN FOLD(ダンフォルド)開封レビュー

ここからは実際にの開封レビューをしていきます。

DUN FOLD(ダンフォルド)

世界一薄い究極のミニマリスト財布」はパッケージもコンパクトで、無駄なものが全くありません。

袋から取り出すと、高級感のあるレザーがお見えに。

DUN FOLD(ダンフォルド)

ブランドロゴもシンプルでいいですね。

財布を開くと、真ん中のスリーブにメッセージカードが。

DUN FOLD(ダンフォルド)

左側の下に書いてある “Curry what matters.(重要なものを持ち運びましょう)” がこの財布を一言で表していますね。

財布には必要なものだけを入れておけばいいんです。

そしてDUN FOLDを手にとって1番の驚きがその「薄さ」です。

DUN FOLD(ダンフォルド)

横から見るとこの薄さ。

カードを入れてもそこまで厚くならないのも嬉しいポイントですね。

DUN FOLD(ダンフォルド)の特徴

ポインティング

ここからは、究極の薄型財布・DUN FOLD(ダンフォルド)の特徴を紹介していきます。

DUN FOLD(ダンフォルド)の特徴は以下の3つです。

  1. 超コンパクト
  2. 抜群の収納力
  3. スキミング防止機能
  4. 高級感のある牛革グレインレザー

ひとつずつ紹介します。

DUN FOLD(ダンフォルド)の特徴:①超コンパクト

DUN FOLDは三つ折りの財布なのですが、そのサイズはかなりコンパクト。

僕はDUN FOLDを使う前まで、一般的な大きさの長財布を使っていました。

一般的な長財布とDUN FOLDのサイズ感を比べてみましょう。

DUN FOLD(ダンフォルド)のサイズ感

DUN FOLDのコンパクトさは一目瞭然です。

さらに厚さも長財布の1/3ほどです。

カードをめいいっぱい収納したとしても、長財布の半分ほどの厚さです。

世界一薄い究極のミニマリスト財布」は伊達ではありません。

DUN FOLD(ダンフォルド)の特徴:②抜群の収納力

DUN FOLDはコンパクトでありながら、収納力はしっかりしています。

DUN FOLDの収納スペックは以下の通り。

紙幣 8枚程度
カード 6〜8枚程度
コイン コインポケットなし
DUN FOLD(ダンフォルド)の収納力

まず3つ折りの財布を開くと、中央に紙幣を挟むキャッシュストラップがあります。

このキャッシュストラップには紙幣を8枚程度まで収納可能です。

またカードポケットは3つあり、それぞれ2枚まで収納できるので合計6枚のカードを収納できます。

キャッシュストラップに紙幣を数枚程度しか収納しない場合、そこにカードを2,3枚収納することもできます。

コインポケットはないので、もし小銭を持ち歩きたい方は別で小銭入れを持つか、小銭入れのあるコンパクト財布をおすすめします。

DUN FOLDを扱うBELLROY(ベルロイ)というところで、コンパクトな財布を探してみてください。

DUN FOLD(ダンフォルド)の特徴:③スキミング防止機能

DUN FOLDにはスキミングを防止する「RFID」が搭載されています。

クレジットカードの情報を悪質に抜き取るのを防ぐシステムです。

ヨーロッパのブランドなので、この辺りのセキュリティはしっかりしています。

海外に行く際にも安心して使えますね。

DUN FOLD(ダンフォルド)の特徴:④高級感のある牛革グレインレザー

DUN FOLD(ダンフォルド)のレザー

DUN FOLDは柔軟性と耐久性の高い、最高級グレードの牛革グレインレザーを使用しています。

手に馴染みがよく、使い込むほどに皮の良さが出てきます。

そのため使い始めた頃は「皮が硬くてカードが入りにくい」と感じることもあるかもしれませんが、使っていくうちに皮が柔らかくなってきます

使えば使うほど皮が馴染んでくるのも、牛革の良さですね。

DUN FOLD(ダンフォルド)のある生活

ミニマリストのシンプルな部屋

実際にDUN FOLD(ダンフォルド)を使うとどのような生活になるのかを紹介します。

DUN FOLDを使うと生活が圧倒的にスマートになります。

DUN FOLDのある生活:①改札をスマートに

DUN FOLD(ダンフォルド)で改札をスマートに

DUN FOLDの背面のカードポケットには交通系ICカードがピッタリです。

カードを取り出すことをなく、スマートに改札を通れます。

交通系ICカードをどこに入れるかは人によって様々ですが、

  • カードケースを使う
  • スマホケースに入れる
  • 財布から取り出して使う

この辺りが主流ですよね。

このどれと比べても、DUN FOLDで改札を通るのがスマートかなと。

実際はモバイルSuicaが便利

「DUN FOLDで改札を通るのがスマート」とか言っておきながら、僕は交通系ICカードを使っていません。笑

何やかんや言って一番便利なのは、スマホやスマートウォッチで改札を通れるモバイルSuicaですね。

僕は関西圏に住んでいますが、それでもモバイルSuicaは便利です。

DUN FOLDのある生活:②決済もスマートに

DUN FOLD(ダンフォルド)で決済

DUN FOLDの前面に非接触型のクレジットカードやデビットカードを入れておけば、カードを取り出さずに決済が可能

ファストフード店やコンビニで、圧倒的にスピーディに支払いがすみます。

とはいえ、最近はPayPayやLINE Payなどの電子決済も進んでいるので、使う機会はあありないですけどね。笑

電子決済サービスが導入されていないお店ではスピーディーに決済できます。

DUN FOLDのある生活:③実際にはどう使ってる?

ここからは、DUN FOLD(ダンフォルド)を愛用している僕が、実際にどう使っているのかを紹介します。

僕がDUN FOLDの中に収納しているのはこんな感じ。

  • 学生証
  • 保険証
  • 運転免許証
  • デビットカード
  • キャッシュカード
  • クレジットカード×2
  • 予備の1万円札
  • ORBIT CARD

コンパクトなDUN FOLDの中にカードを8枚収納しています。ただ、学生証や保険証は入れていない時もよくあります。

僕はほとんどの決済をPayPayやカードでするので、紙幣や小銭は基本的には持ち歩きません。

ポイントカードなどは厳選をし、使うものだけをアプリで管理しています。

最後に挙げたORBIT CARDは、カード型の紛失防止タグです。もしも財布を落としたりおき忘れたりしたらスマホに通知が届くものです。

僕は一度財布を落としたことがあるので、それを防ぐために入れています。

カード型の紛失防止タグは様々なものがありますが、一番薄型なのがORBIT CARDだったのでこれを使っています。

大事な財布を守ためにぜひ使ってみてください。


また「もしも」のために現金1万円は予備で持っています。

ちなみに紙幣は別でマネークリップに挟んで持ち歩いています。

ポールスミス(Paul Smith)のマネークリップ

元々使っていた長財布もそうですが、個人的にポールスミスが好きなので、マネークリップもポールスミスのものを使っています。

DUN FOLDのある生活:④小銭入れがないのは不便?

DUN FOLDには小銭入れがなく不便だと思う方もいますが、本当に不便か考えてみてください。

日常で小銭を使う場面ってそんなに多くはないんです。

僕の場合紙幣は別で持っていますが、常備しているわけではありません。「もしも」の時の1万円があるので紙幣がなくても困りません。

マネークリップを持つのは、あらかじめ電子決済をしないとわかっている時くらいです。

多くは「飲み会」ですね。

だいたいが割り勘なので、紙幣を持っていくようにしています。

お釣りで小銭が出てしまったら、ポケットやカバンにしまい、家に帰って貯金箱に入れています。

こういう生活をしているので、DUN FOLDを使い始めてから無駄遣いが減り、小銭が溜まっていくようになりました。

年末に小銭を両替すると、結構な額溜まっていて嬉しい気持ちにもなりますよ。笑

DUN FOLD(ダンフォルド)はどこで買えるの?

心配・悩み

DUN FOLDはオランダのブランドで、気軽に購入することはできません。

Amazonや楽天などでも取り扱っていません。

現在、DUN FOLDを購入できる場所は、コンパクト財布を専門に扱うBELLROY(ベルロイ)だけです。

DUN WALLETSの日本正規代理店なので安心です。

値段も1万円とお手頃で、1年間のメーカー保証もつき、さらに送料も無料。

気になる方はぜひ公式ページへ。

また、BELLROY(ベルロイ)はDUN FOLD以外にもコンパクトな財布を扱っているので、気になる方はぜひ。

財布の他にも、コンパクトな旅行グッズやキーケースなどもあります。


まとめ:DUN FOLD(ダンフォルド)はキャッシュレス時代に最適の財布です!

DUN FOLD(ダンフォルド)とマネークリップ

今回は、キャッシュレス時代に最適な薄型財布「DUN FOLD」を紹介しました。

カード決済や電子決済が主流の今だからこそ、財布を小さくするのはどうですか?

今までの生活に比べて、圧倒的に身軽でスマートな生活になること間違いなしです。

僕は今ではDUN FOLDよりもコンパクトな財布をみたことがありません。

まさに、キャッシュレス時代にふさわしい新しい財布ですね。

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です