効率化

【図解&作り方】マンダラチャートで目標を視覚化しよう!【受験を例に解説】

マンダラチャート・受験を例に作り方を解説
いつもなんとなくで目標立てちゃう…
目標を視覚化ってどうすればいいの?

こんな悩みや疑問にお答えします。

 

どうもこんにちは。たか(@taka_manatabi)です。

 

目標って目に見えないですよね。

「○○大学絶対合格!」とか「全国大会出場!」みたいに、紙に目標を書いて壁に貼って、目標を目に見えるようにしている人もいるかもしれません。

しかしその時点では、目標を書いているというより、まだ夢や願い事の段階です。

ということで今回は、マンダラチャートいう表を用いて目標をわかりやすく視覚化する方法を紹介します。

✳︎マンダラチャートは、マンダラートと言われることもあります。

こんな人にオススメ

  • 目標の立て方を知りたい人
  • 具体的な目標を立てたい人

当ブログ「まなたび」では、他の目標設定法で「SMARTの法則」という方法も紹介しています。

詳しくはこちらで紹介しています。

SMARTの法則とは?5つの基準で計画性のある目標を立てよう!

壁に貼った資料を眺めて考え込む男性
SMARTの法則とは?5つの基準で計画性のある目標を立てよう!正しい目標設定の方法がわからなくて悩んでいませんか?本記事では、「SMARTの法則」という目標設定の方法を紹介します。正しい目標の立て方が知りたい学生やサラリーマンは必読ですよ。...

目標を視覚化する「マンダラチャート」とは

質問

マンダラチャートとは、9×9の計81個のマス目を利用した目標設定法のひとつです。

二刀流メジャーリーガーの大谷翔平選手が、高校時代に作成していたことで話題になりました。

そのマンダラチャートを詳しくみていきましょう。

なぜ目標を視覚化させるのか

なんで目標を視覚化させることが重要なの?

まずは、目標を視覚化させることの重要性を説明します。

目標が目に見える状態でないと、人間は無意識のうちに目標達成への道から逸れてしまいます。

目標達成のためにしなければいけないことはたくさんあります。

そのたくさんのことを頭の中で管理しようとすると、頭の中はパンパンになってしまいます。

すると、やらないといけないことができなかったり、そもそもの目標を忘れてしまったりするんです。

そうならないためにも、ひと目見ただけで「自分は今何をするべきなのか」がわかるようにすることが重要なのです。

そのため最良のツールが、マンダラチャートというわけです。

マンダラチャートの作り方

ここから実際にマンダラチャートを用いた目標設定法を解説していきます。

説明の際に「第一志望に合格する」という目標を例に挙げて解説します。

マンダラチャートの作り方:ステップ1

マンダラチャートを実践するにはまず次のような9×9のマスを用意します。

8×8の91マスのマンダラチャート(マンダラート)

計81マスのこの表を、9個の3×3のマスに分けます。

図のように色分けするとわかりやすいですね。

マンダラチャートの作り方:ステップ2

まず、表のど真ん中に「第一志望に合格する」という最終目標を書き込みます。

その周りの8マスに「第一志望に合格する」ために必要なことを書きます。

ここでは例として以下の8つを書き込むとします。

  • 英語
  • 数学
  • 国語
  • 情報収集
  • メンタル
  • 自信
目標達成に必要なことを書き込んだマンダラチャート(マンダラート)

そして周りの8マスに書いたことを、それぞれ図の矢印の向きに同じことを書きます。

すると真ん中の3×3のマスと同じように、その周りの8個の3×3のマスの真ん中が埋まった形になります。

マンダラチャートの作り方:ステップ3

今、ステップ2で書き込んだ目標達成に必要な8個のことが、3×3の真ん中にあります。

その8個それぞれを達成するため、得るために必要なことを同じように周りの8マスに書き込んでいきます。

マンダラチャート完成図(マンダラート)

すると81マス全てが埋まりました。

今回例に挙げたマンダラチャートの内容は、僕が高校3年生の時に書いたものを思い出しながら書いたものです。

受験勉強を始めた受験生は、ぜひ参考にしてみてください。

マンダラチャートの活用例

今回は受験を例にマンダラチャートを作ってみましたが、マンダラチャートを活用できる場面は他にもたくさんあります。

  • 家事
  • 検定試験
  • 部活の大会
  • 仕事のノルマ

こんな感じで、何か大きな目標ややるべきことがあるなら、それを81マスのど真ん中に書いて、マンダラチャートを作ってみてください。

まとめ:マンダラチャートで目標を視覚化しよう!

野原に座る綺麗な女性

今回は、目標を目に見えるようにするマンダラチャートを紹介しました。

マンダラチャートの作り方は、

  1. 9×9のマスを用意する
  2. 9個の3×3のマスに分ける
  3. 81マスのど真ん中に最終目標を書き込む
  4. 周りの8マスに目標達成に必要なことを書き込む
  5. その8個の要素を3×3のマスの真ん中に書き写す
  6. その8個の要素を達成する、得るために必要なことを周りの8マスに書き込む
  7. マンダラチャート完成!

マンダラチャートは、目標を視覚化する最適な方法です。

紙とペンがあればすぐにできるので、ぜひ試してみてください!

目標設定をした後は、計画を立てる作業に移りましょう。

特に、受験勉強における正しい勉強計画の立て方はこちらで詳しく紹介しています。

受験勉強における正しい勉強計画の立て方とは?【現役の塾講師が解説】

正しい勉強計画の立て方
受験勉強における正しい勉強計画の立て方とは?【現役の塾講師が解説】正しい勉強計画の立て方がわからなくて悩んでいませんか?本記事では、勉強計画の重要性から、正しい勉強計画の立て方までを紹介します。正しい勉強計画の立て方が知りたい中高生は必読ですよ。...

また、他の効率化の記事は下記にまとめているので、ぜひ読んでみて下さい。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です